日本酒の紹介

高額の車査定会社を見つけるなら、一括査定.com
 
あなたの周りの不要な車買取ります!
日本酒は、日本各地に様々な地酒があります。日本酒の飲み比べしてみませんか。日本酒は悪酔いするという偏見は、飲んでいるお酒を間違っているからです。本当のいい日本酒は悪酔いしませんよ。おいしい日本酒を見つけて、今日からあなたも日本酒党になりましょう。ちょっと困った事に、日本には膨大な数の蔵元の日本酒があります。その中であなたの好みに合うお酒を探し出すのは、至難の技といってもいいかもしれません。しかし逆に、その分いい日本酒を見つけ出した時の感激はひとしおでしょう。日本酒を極めるのは奥が深く広いのですが、それがまた楽しみでもありますね。

日本酒の蔵元

日本酒が、香港でものすごい人気だそうですね。日本古来の日本酒が、外国で人気があるのはちょっと不思議ですね。

日本酒とは

日本酒(清酒)とは、米を発酵させて作るアルコール飲料です。原材料の米を米麹で発酵させた、「もろみ」をろ過して作ります。マイナスのイメージで日本酒は悪酔いする,二日酔いがひどい,甘ったるくてベトベトするなど言われることがあります。実は本当の日本酒は味わいがあり、身体にも良く、悪酔いもしないのです。日本酒とはいっても、特定名称酒と三増酒に大きく2種類に分けられます。

日本酒の約70%は『三増酒』だと言われています。三増酒とは三倍増醸酒の略です。水と醸造アルコールを大量に足して、薄まった味を酸味料や糖類、甘味料、アミノ酸などで補った日本酒です。戦前、酒造用の米が手に入りにくくなっていた頃、少量の材料からたくさんの日本酒を作るために考案された方法です。安価に大量の日本酒が作れる為、現在も行われています。そして最もよく飲まれている日本酒ですが、悪酔いする,二日酔いがひどいなどの悪いイメージを与えてしまっているのも、この日本酒なのです。

日本酒とはいっても、三増酒と特定名称酒の2種類に大きく分けられます。「本醸造」「純米」「吟醸」「純米吟醸」「大吟醸」「純米大吟醸」 とラベルに書かれている、本来の日本酒を飲んでみてください。そうすれば、今まで持っていた日本酒への偏見をなくすことができます。これらは特定名称酒といわれ、三等米以上の白米を用い,白米の重量に対する米こうじの使用割合が、15%以上の清酒です。原料や精米歩合により本醸造酒・純米酒・吟醸酒に分類されます。
本醸造酒・純米酒・吟醸酒・純米吟醸酒・大吟醸酒・純米大吟醸酒とは
本醸造酒・純米酒・吟醸酒などの日本酒について紹介していますが、これらの日本酒は値段が高いというイメージがあると思います。高いのは一部のプレミア付き日本酒だけで、それ以外の日本酒は実は大手のお酒よりも安いほどです。そのプレミア付き日本酒も、人の手をわたっていくたびに値段が上がるだけで、本来の日本酒の販売価格はきわめて安い物です。大手メーカーは日本酒を機械で大量生産しますので、製造費は安いです。しかし、テレビなどの広告料が高く、それらが日本酒価格に含まれているので、安くはできません。インターネットなどで、地方の酒蔵で作られている、安くておいしい日本酒を探してみましょう。きっとお気に入りの日本酒が見つかるでしょう。
日本酒ガイドさん 九州焼酎ネット 焼酎どっとねっと  山口県酒造組合のページ
相互リンク 日本酒の紹介では相互リンク募集中です。メールはこちらへ 
日本酒を熱燗にしてコタツで一杯というのは、古からの日本の風物詩です。他の酒では味わえない絵になるシチュエーションがそこにはあります。日本酒と日本人の関係は今日昨日出来たのではありません。日本酒をおちょこで杯をもらったりあげたりして、人と人の親交を温めてきたのです。コップとかジョッキでしかお酒を飲まない外国の人々にとっては、あまり理解できない部分かもしれませんね。
日本酒の紹介のサイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。免責事項 日本酒の案内のTOPへ戻る
銀行=どこも同じと思っていませんか?