日本酒の紹介−本醸造酒・純米酒・吟醸酒・純米吟醸酒・大吟醸酒・純米大吟醸酒とは

本醸造酒・純米酒・吟醸酒・純米吟醸酒・大吟醸酒・純米大吟醸酒

「本醸造酒」

精米歩合70%以下の白米,米こうじ,水で作った酒を,醸造アルコールと水で割った清酒で,香味及び色沢が良好なものです。使用する白米1トンにつき120リットル以下のアルコールを添加してよいことになっており,そのままではアルコール度数が高いので水で割ってあります。すっきりした味わいとなります。

「純米酒」

白米,米こうじ及び水だけを原料として製造した清酒で,香味及び色沢が良好なものです。ただし,米こうじの総重量が白米の総重量にたいして15%以上なければなりません。一般に吟醸酒や本醸造に比ベてコクがあり,蔵ごとの個性が強いといわれています。

「吟醸酒」

精米歩合60%以下の白米,米こうじ及び水を原料とし,吟味して製造した清酒で,固有の香味及び色沢が良好なものです。低温で長時間かけて発酵させて作ります。最後に吟醸香を引き出すために醸造アルコールを添加します。華やかな香りが特徴です。

「純米吟醸酒」

吟醸酒のうち,精米歩合60%以下の白米,米こうじ及び水のみを原料とするものを特に純米吟醸酒と言います。一般に,他の吟醸酒に比べて穏やかな香りです。

「大吟醸酒」

精米歩合50%以下の白米,米こうじ及び水を原料とし,吟味して製造した清酒で,吟醸酒よりさらに徹底して低温長期発酵する。固有の香味及び色沢が特に良好なもの。最後に吟醸香を引き出すために醸造アルコールを添加する。フルーティで華やかな香りと,淡くサラリとした味わいが特徴です。

「純米大吟醸酒」

大吟醸酒のうち,精米歩合50%以下の白米,米こうじ及び水のみを原料とするものを純米大吟醸酒と言います。一般に,他の大吟醸酒に比べて,穏やかな香りで味わい深いです。
日本酒の紹介のサイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。 日本酒の案内のTOPへ戻る
必要なとき必要なだけ仕事を頼めるオンラインアシスタント【フジ子さん】